プラセンタの成分

プラセンタには、人間に必要なあらゆる栄養素が入っていると言われています。栄養素に加え生理活性物体(体の動きを活発にする)も含まれており、健康にも美容にも有効な成分が満載。その数はおよそ5000種類以上と言われています。
プラセンタの元となる胎盤は、もともと胎児を発育させるための組織。各栄要素がこの組織に集中し、蓄えられているのです。

x love cam vous permet de commencer a communiquer avec les utilisateurs de プラセンタ美肌に効果があると言われているのは、この栄養成分の中に美肌効果があると言われている「アミノ酸」や「ミネラル」や成長因子などが含 まれているからです。さらに、人間に必要な「たんぱく質」「糖質」「脂質」の3代栄養素をはじめ、ミネラル・ビタミンなども含まれていますので、細胞の活 性化による新陳代謝や血行の促進、免疫力の増加などの効果が期待できます。市販されているプラセンタドリンクやサプリメント・化粧品には、こういった有効 成分を抽出し、配合されています。

代表的な栄養素としては、以下の様な成分が挙げられます

種類豊富なプラセンタ

一言でプラセンタと言ってもその種類はさまざまです。人(ヒト)をはじめ、豚(ブタ)や羊(ヒツジ)、馬(ウマ)そして植物などからもプラセンタを抽出し、活用しています。種類別にご紹介していきます。

人(ヒト)プラセンタ
人プラセンタは医療用のみの使用となっています。さまざまなウイルス検査をし、安全性の確認がとれた健康な妊婦のみの胎盤から抽出しています。もちろん本 人の同意の上です。抽出後も加熱処理を施すなど、二重三重のウイルス対策と安全性の確保をした上で、医療用の注射液として使用されています。

豚(ブタ)プラセンタ
化粧品やサプリメントで多く使われるのがプラセンタです。人の組織とよく似ていることから、使われることが多いようです。狂牛病問題により牛(ウシ)プラセンタが使用できなくなり、豚プラセンタが主流となりました。

羊(ヒツジ)プラセンタ
より自然の状態に近い環境で育った羊の方が安心できるという意味で、主にスイスやニュージーランドで育った羊のプラセンタが主流となっているようです。

馬(ウマ)プラセンタ
馬のプラセンタは総アミノ酸の含有量が豊富です。豚は一回で約10頭生みますが、馬は1頭です。そのため総アミノ酸の含有量が豚のプラセンタの約250倍といわれています。

植物性プラセンタ
大豆やトウモロコシから抽出した胚(プラセンタ)のことです。動物性と同じくアミノ酸やビタミン群が含まれていますが、成長因子までは含まれていないようです。美肌効果は期待できても、細胞活性効果までは期待できないようです。

種類豊富なプラセンタ

プラセンタを多く飲んだら効果が高まると信じ、大量のプラセンタを飲む方がいらっしゃいます。
結論から言えば、飲むプラセンタは医薬品ではありませんので どれだけ飲んでも健康に影響はありません。
ただし、吸収しきれなかった成分は体の外に排出されてしまいますので、適量を守るほうがコストパフォーマンス的 にはよさそうですね。
逆に、即効性を望まない場合やなんとなく効果があればいいという場合は適量より少なめに摂取するというのもひとつです。飲む分量が少なすぎるからという逆の弊害もありません。突然効果が出ることに抵抗がある場合は、少しずつ接種するようにするのもよいでしょう。
プラセンタを大量に飲むのもよいですが、栄養のバランスに気をつけてみたり、22時〜0時までのお肌が作られる時間に睡眠を取ったりするなど、ほかの努力にも気を使ってみましょう。
また、前述しましたがプラセンタは医薬品ではありません。効果がすぐに確実に現れるわけではなく、個人差があるということを認識して使用しましょう。


オススメプラセンタサプリ
↑楽天ランキング堂々の1位を獲得!
モデルや芸能人も愛用の美を極めるプラセンタサプリ♪

プラセンタサプリ

↑ ページの上部へ

Sitemap